第2回亀戸愛楽亭

  • 2018/02/20(火) 12:06:25

楽笑会の若手精鋭(?)笹の家小夏、立命亭唆遊、狐々亭さえの助が、
今年の1月から月例の勉強会を開くことになりました。

1月に開いた第1回ではまだ会の名前が決まっておらず、
「題名のない落語会」という名でやりましたが、
その後、いろいろ考えて「亀戸愛楽亭」と命名しました。
「きどあいらくてい」と読みます。

2月18日に第2回を開きましたが、ぱん駄さん、とも助さんという強力な助っ人のおかげで、
レギュラーメンバーの小夏さん欠席というピンチもなんなく乗り越え、
18名ものお客様にご来場いただくことができました。
先月が9名だったので、なんとダブルスコアです!!

番組は以下のとおり。
「やかんなめ」   さえの助
「締め込み」    唆遊
仲入り
「やかん」     ぱん駄
「明烏」      とも助

ぱん駄さんの落語はどこまでも馬鹿馬鹿しく、フラがあって、本当に面白い。

とも助さんの明烏は、源兵衛がまるでVシネマの俳優みたい(笑)で、
激しく、熱く、生々しく、客席を爆笑の渦に巻き込んでいきました。

来月はゲストに、世田谷区を中心に活動されている朝風亭容旦さんをお招きします。
古今亭駒次くんもビックリの鉄道落語の秀作、自作のアレを引っさげてやってきます!
レギュラーメンバーも頑張りますので、よろしければ是非遊びに来てください。

DSC_8305_trm500.jpg

pr_20180218_kidoairaku.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する