全日本レディス落語選手権大会

  • 2017/06/12(月) 09:47:58

鹿沼東ロータリー財団創立50周年記念事業の一環で、
6月10日(土)、11日(日)の2日間に亘り、
栃木県鹿沼市で全日本レディス落語選手権大会が開かれ、
北は北海道から南は九州福岡まで、全国の女流社会人落語家21人が集まりました。

楽笑会からは、小夏とさえの助が出場。

初日。

小夏大師匠は2番手という浅い上がりで、まだ会場が温まりきっていない状況でしたが、
得意ネタの『辰巳の辻占』をたっぷり12分以上演じて、客席を笑いの渦に巻き込み、
さすがの貫禄を見せ付けておりました。

が、大会には【予選の持ち時間、ひとり10分】というルールがあるため、あえなく失格(笑)。

ていうか、最初から確信犯だったとか・・・?

7人ずつ、3ブロックに分けて、間に10分ずつの仲入り(休憩)を挟む番組。

16番目の出番だった私、さえの助は『錦の袈裟』を演じましたが、
さすがに3ブロック目ともなるとお客様もだいぶ笑い慣れてきていらっしゃり、
その笑顔と笑い声に支えられてなんとか決勝に残ることができました。

翌日。

決勝戦は、10名の演者が、持ち時間15分で話芸を競います。
女同士の骨肉の争いを一目見ようと(いや、そんなことはありませんが)、
近郷近在から集まった老若男女で、会場はほぼ満席状態。

くじ引きで決まったさえの助の演順は6番目。

前日に引き続き、すっかり温まった会場は笑いも多く、あまり緊張せずに、
楽しくお喋りをさせていただくことができました。

結果、ありがたくも、かたじけなくも、準優勝をいただくことに。

これも、日頃の稽古会で優しくも厳しいアドバイスをしてくれる楽笑会の仲間、
発表会を見に来て、演者を育ててくださるお客様のおかげだと思います。
心より、御礼を申し上げます。ありがとうございます!!

集合写真

受賞

賞状

スポンサーサイト