つながっぺ寄席

  • 2017/01/24(火) 17:21:52

1月21日(土)、小夏、ぱん駄、とも助、小梅、さえの助の
楽笑会若手精鋭(?)5名で福島県いわき市に行ってきました。
福島県大熊町の社会福祉協議会が主催する落語会
「つながっぺ寄席」に呼んでいただいたのです。

大熊町は、ご存知の通り、福島第一原発のある町で、
3.11の事故以来、町ぐるみいわき市に避難し、
今でもご自分の家に帰れる目処は立っていません。

そんな中、町民の皆さんに少しでも元気を取り戻して欲しいということで
社協が企画した落語会でした。

番組
さえの助 「権助魚」
こにゃつ&やすこ マジック
ぱん駄 「小言幸兵衛」
仲入り
とも助 「バールのようなもの」
小梅  俗曲&都都逸
小夏  「締め込み」

お客様は、一般の方や社協のスタッフさんなど、老若男女あわせて40名ほど。
「初めて落語や都々逸を聞いたので、笑って良いのかわからず、
口を押さえて笑いを堪えていた」という方がおられたことを後で知りました。
す、すみませんっ!!
最初に「笑っていいんですよ」と、いや、「笑ってください」と
申し上げておくべきでしたね。

でも、「メヒカリ」や「ハワイアンズ」など馴染みある言葉が登場すると、
落語をグッと身近に感じてくださったそうです。

帰りに社協のスタッフさんから、言われました。
「最近ですよ、やっと笑えるようになったのは」と。

震災からもうじき6年。

マスコミで大きく取り上げられる機会が少なくなっても、
私たちは決して忘れません。

大熊町のみなさん、またお会いしたいです。
また、私たちの落語、聴いていただけますか?

次回は、もっとたくさん笑っていただけますように・・・
少しでも復興が進んでいますように・・・

そして、我々ももっともっと落語の腕を磨かなくちゃねと、誓い合ったのでした。

20170121_sae.jpg

20170121_yasuko.jpg

20170121_panda.jpg

20170121_tomosuke.jpg

20170121_koume1.jpg

20170121_konatsu.jpg

スポンサーサイト