「第5回落語馬鹿二人会」、先行ネタ出ししちゃいます!

  • 2015/05/27(水) 09:31:50

楽笑会きっての実力派でありながら、猫と甘いものにはトコトン目がない浪漫亭朱理萬と狂気落語の創始者・金河岸亭とも助ががっぷり四つに組む「落語馬鹿二人会」も、早いもので今回で5回目を迎えます。

毎回チラシのデザインが変わらないのは、この2人の、ブレることのない本寸法の話芸の象徴なのか、それともただの手抜きなのか・・・(笑)

「どんなネタでもいいんです!朱理萬さんのベビーフェイスを見ているだけで私は幸せになれるんです!」という奇特な方もいらっしゃるでしょう。
「3ヶ月に1回、とも助さんに睨まれないと体調が優れないんです。」というヘンタ・・・(以下自粛)

ゴホンゴホン。

そういう方々はともかく、「この噺が聴きたい!」「へ~、こんな珍しいネタやるんだ!」というのが寄席に来る原動力になる方もいらっしゃると思いますので・・・

じゃじゃーん!こちらのブログでのみ、番組を先行発表しちゃいまーす。

【番組】
朱理萬  「たがや」
とも助  「宮戸川」
~仲入り~
とも助  「ふたなり」
紫和  玉すだれ
朱理萬  「子は鎹」

朱理萬さんは、季節感たっぷり、夏の噺の代表格「たがや」と、
人情噺「子は鎹」で皆様のご機嫌を伺います。
とも助さんが、お花半七の恋の馴れ初めをどう演じるのかも見どころの一つ。
そして、プロの寄席でもめったにかからない珍品「ふたなり」とは・・・?

今回も、初夏の陽射しを跳ね返すような2人の熱演を見られること間違いなし!
乞うご期待でございます!

日時:2015年5月31日(日)13:30開場 14:00開演
会場:カメリアプラザ6階和室
アクセス:JR総武線亀戸駅より徒歩2分
木戸銭:無料

pr_20150531_nininkai.jpg

スポンサーサイト

あたま山の楽しみ方

  • 2015/05/09(土) 10:55:13

ゴールデンウィークの真っただ中、5月4日に川崎宿交流館で開かれた「落語馬鹿四人衆」を聞きに行きました。出演は、楽笑会から金河岸亭とも助さん、その他に鹿鳴家春木さん、二松亭風林火山さん、喜楽亭笑吉さんという、関東一都三県にまたがる実力者の面々。テーマは「生涯に一度は演りたい噺」。

このテーマの下、とも助さんは「あたま山」という演目を選びました。ご存知の方も多いと思いますが、ここでざっとあらすじをご紹介しましょう。

あるケチな男、サクランボを近所からもらってきて食べるのだが、ケチゆえに種を捨てることが出来ない。種ごと食べた結果、男の頭から桜が芽を出す。喉が渇いて水を飲むと、その芽はすくすく育ち、やがて大きな桜の木になる。
花が咲く。近所の人たちが大喜びで男の頭に上って、その頭を「あたま山」と名づけて花見で大騒ぎ、男は頭の上がうるさくて夜もおちおち眠れない。苛立ちのあまり桜の木を引き抜いてしまうと、頭に大穴が開いた。すると、この穴に雨水がたまって大きな池になり、近所の人たちが魚釣りを始めだす。これがまたうるさい。ついに男はノイローゼになって自分で自分の頭の穴に身を投げて死んでしまう。


どうですか。シュールな噺ですよね。

縮尺がまったく合ってない!常識じゃ考えられない!科学じゃ説明できない!

このないない尽くしをお客様にあたかも見ているように想像させようというのですから、暴力的なまでの圧倒的な話芸が必要とされるわけです。

とも助さんの「あたま山」。すごかったです。大爆笑でした。
とても漫画チックで、ありえないことも許せてしまう可笑しさがありました。

普段の楽笑会の稽古で、諸先輩方がよく指摘されるのは、「それらしく見えるかどうか」ということ。
お茶を飲んでいるのか、お酒を呑んでいるのか、お客さんに伝えなければならない。
そこには、それらしい仕草、「いかにも」と思わせる、なんらかのリアリティが求められるのです。

ところが、とも助さん演じる「あたま山」の主人公は、サクランボの食べ方ひとつとっても、ものすごいデフォルメがなされている。あんな食べ方するかよ!とツッコミたくなるほど、戯画化されている。まるでトムとジェリーのアニメみたいに。

そのせいでお客さんは、自分の脳の中の「科学のスイッチ」を一旦OFFにして、落語と向き合うことが出来たのだと思います。ありえない話を受け入れるための仕掛け作りがあったんですね。

「生涯に一度は・・・」と言った以上、もう二度とこの噺は聞けないのかもしれません。
でも、ひょっとすると、調子に乗って(オイ!)またどこかでかけるかもしれません。
もし、またどこかでかけることがあるならば、是非、あたまが池に身を投げる覚悟で(?)聞きに行ってください。

さえの助

yoninshu2015.jpg

pr_20150504_yoninshu.jpg